手織り工房ぱたんこ屋

手織り工房  ぱたんこ屋

高木康子・ひとりぽっちのアパレルメーカー

手作りカバン.jpg

| HOME |

更新日 2011-10-01 | 作成日 2009-01-21

工房の攻防(コウボウ)

・宮砥工藝舎のサイト「機織り教室」 

・機織りブログ「ぱったん・だだだ」好調アップ中!

2011・10月   UP!

オリジナリティーを追求し続ける20年

だったと思う。

今、物作りとして生きてきて

何も、悩んだり苦しんだりせずとも

このままの世界が自分と思えるゆとりが

ようやく出てきた。

苦しみより喜び、憎しみより愛という感じ。

ありのまま、このままですっと立つ、すっと座る。

すっと機を織る。

そのまま、その続きでもうOK。

2011・6月6日 

近頃、土染めにはまっている。

赤、緑、茶、黄、紫の色が
あるのだけれど、自然の土なので
染め上がりはパステル調・・・というか土色。
染めた布に伊勢職人の手彫りの型紙を
使用して泥インキでステンシル!
渋~い。

機織り教室も10年近くしていると
もう生徒さんの方が上手で、こちらの方が
教えていただくことが多い気がする。
私の方も何か面白いことはないかと
日々考える。

その中で先日はカード織り、その次は
ステンシル。あくまで機織り教室なので
そこからあんまりはみ出さず、とカリキュラムを
組んでいるのだけれど
私の方が、沢山の発見、喜び、驚きをいただく。
なんだか悪いなーと思ってしまいます。

カード織りもどんどん進化してはまっていく人と
簡単に自分で考えて思わぬことをしてくれる方と色々。
つまり、引き算と掛け算の人がいるのですね。
本当に教室は面白いです。

様々な人生を歩んでおられる方々が
今ここで機を織り同じ時間を共有し、出会い話す。
私はただ一杯のお茶を出す。
お茶を出すと言う好意そのものが
本当になんて大切だと、ふと考えます。

2月

冬の間、ひたすら布を切って布の服作りをしていた。

100枚作った。何故、100枚か・・・。

私の本来は、織り布で織りの服を作ることだけど

型紙ない服作りなので、思いついたらいきなり

織り布をザクザク切って服を作っていたのです。

沢山、失敗もしてきました。

今、機織り教室をしていて、「そんなんじゃ人に

教えられへんなあ。」という事もあって、

気楽にザクザク切れる服で練習とあいなった訳です。

頭に思い描いた形をパッパッと型を作り(これってパターン?)

とにかく、何か乗り越えたいと思ったわけです。

自分の不自由さや思い込み、そんなもんからもっともっと自由に!

「作れ!悩むな!考えるな!」と。

ミシンの前に書いて貼って、ひたすら100枚。

100枚作らんとなんも見えてけへん、と思ったのです。

で、見えたかというと・・・???

さあて、今日から染色、染色。

展示会

     ●大分市 トキハ本店 8F にて

        「手づくり創作展」出展 10月6日(木)~11日(火)まで

     ●福岡市 「GTジャパン・ギャラリー

         12月7日(水)~13日(火)


更新履歴

     ● 2011.10.1(土)  UP!
        工房の工房・展示会情報・更新
     ● 2009.1.26(月)
        おまたせ ホームページ アップ!!